昨日は久しぶりに

母校、関西大学カイザースの応援に行ってきました。

相手は強敵、立命館大学パンサーズ。


いつもは社会人チームのコーチとしてフィールドに立ってるので、

こうやってスタンドから試合を観戦するのも違う目線で見れるのでいいですね。


観客としてフットボールを見て感じること。

フットボールほど

「たられば」

が論じられるスポーツは少ないんじゃないかと・・。


残念ながら昨日は惨敗。。。


昨日もたくさんのため息と共に近くからこんな声が聞かれました。

「あのとき、ファンブルしていなかったら・・・」

「あのとき、パスを投げてたら・・・」

「あのボールをインターセプトしてたら・・」

「あいつを使っていたら・・」


そう。フットボールって「たられば」のスポーツなんですよね。


負けた試合で「たられば」を探し出すと、

山のように出てきます。


「たられば」のない試合なんて無いでしょうね。


そんな叶うことのない「たられば」を見つけるのが
観客の楽しみには違いないですけどね(笑)


でも現場のコーチや選手は観客の「たられば論」では
片付けれないくらいの多大な努力をしていると思います。

そんな努力が実ることを祈ってます。

次は王者関西学院ファイターズと。

がんばれカイザース!!




画像はいつもお世話になってるチームカメラマン依藤さんのFB記事より。  

Posted by kosshii46 at 14:52Comments(2)アメフトのこと