永遠のゼロに感銘を受けて、

何か他の戦時中のことを描いた本を読もうかな。


そう思って手に取った本。

終わらざる夏 浅田次郎


上、中、下の3巻なので、まだ上巻を読んだだけでは何とも言えないですが・・。


面白いという表現はふさわしくなく・・・。


登場人物に感情移入し、どういうことになるんだろう・・。


どうしても嫌な結末を予想してしまうのですが・・。


何か感じ取れる本ではないかと思ってます。


中巻、下巻と読み進めてみますね。


ジュエリーリフォームの事例、そしてアットホームな雰囲気の当店の様子を下の動画よりご覧いただけます。
ジュエリーリフォーム・修理専門店 箕面のちいさな宝石屋 http://jewelry-kizuna.com/
同じカテゴリー(オススメの本)の記事画像
自分のゴルフの見直し方
読んだら忘れない読書術
伝え方が9割  佐々木 圭一 著
嫌われる勇気  岸見 一郎 著
「慟哭の海峡」   門田 隆将 著
ドラッカーの黒字戦略
同じカテゴリー(オススメの本)の記事
 自分のゴルフの見直し方 (2015-08-21 09:34)
 読んだら忘れない読書術 (2015-08-19 09:11)
 本の要約サイト「Flier」 (2015-06-04 16:15)
 伝え方が9割  佐々木 圭一 著 (2015-05-19 17:37)
 嫌われる勇気  岸見 一郎 著 (2015-04-10 09:36)
 「慟哭の海峡」   門田 隆将 著 (2015-03-28 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。