聖職の碑 新田次郎

2014年03月17日

聖職の碑 新田次郎


たまに内容に引き込まれるように読んでしまう本に出会います。


この、「聖職の碑」という本はまさしくそんな本でした。


駒ヶ岳を舞台とした、山岳遭難の物語。


作者の緻密な調査の上でできあがったリアリティ溢れる内容でした。


まったく登山とは無縁な自分ですが、

この本を読んで山の怖さを痛切に感じました。


そういう怖さがあっても、登山は人気がありますよね。


怖さを知らないのか・・。


それとも、その怖さを背負ってでも、挑む登山に魅力があるのか・・。


そのあたりは興味深いところですね。


ジュエリーリフォームの事例、そしてアットホームな雰囲気の当店の様子を下の動画よりご覧いただけます。
ジュエリーリフォーム・修理専門店 箕面のちいさな宝石屋 http://jewelry-kizuna.com/
同じカテゴリー(オススメの本)の記事画像
自分のゴルフの見直し方
読んだら忘れない読書術
伝え方が9割  佐々木 圭一 著
嫌われる勇気  岸見 一郎 著
「慟哭の海峡」   門田 隆将 著
ドラッカーの黒字戦略
同じカテゴリー(オススメの本)の記事
 自分のゴルフの見直し方 (2015-08-21 09:34)
 読んだら忘れない読書術 (2015-08-19 09:11)
 本の要約サイト「Flier」 (2015-06-04 16:15)
 伝え方が9割  佐々木 圭一 著 (2015-05-19 17:37)
 嫌われる勇気  岸見 一郎 著 (2015-04-10 09:36)
 「慟哭の海峡」   門田 隆将 著 (2015-03-28 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。