阪急電車

2011年05月10日

阪急電車

今、映画化もされて話題の本。



阪急電車  有川浩 著





車内における色々な人間模様が書かれてて、

「そんな素敵な出会いあるんかな~?」

とか思ったり、

「いるいる、そういう人!!」

って納得したり。



とても面白い内容でした。



同じ車中で遭遇する登場人物がそれぞれの視点で感じた事が

上手に描かれてて、ちょっと今までにない小説のカタチが見れたかな。





僕の車中の過ごし方はもっぱら読書と居眠り。





でも、この本読んで、ちょっと人間観察をしてみたいなあ~って気になってます。



あまりキョロキョロすると不審に思われるやろから気をつけないとね。





生まれは阪急京都線



そして前職時代の住まいはこの本の背景となってる阪急今津線



そして今の住まいは阪急箕面線。





うまれてからずっと僕のそばには阪急電車があります。





なんかそんなご縁があるせいか、すごいリアルな情景が浮かんでくるような

本でした。





ジュエリーリフォームの事例、そしてアットホームな雰囲気の当店の様子を下の動画よりご覧いただけます。
ジュエリーリフォーム・修理専門店 箕面のちいさな宝石屋 http://jewelry-kizuna.com/
同じカテゴリー(オススメの本)の記事画像
自分のゴルフの見直し方
読んだら忘れない読書術
伝え方が9割  佐々木 圭一 著
嫌われる勇気  岸見 一郎 著
「慟哭の海峡」   門田 隆将 著
ドラッカーの黒字戦略
同じカテゴリー(オススメの本)の記事
 自分のゴルフの見直し方 (2015-08-21 09:34)
 読んだら忘れない読書術 (2015-08-19 09:11)
 本の要約サイト「Flier」 (2015-06-04 16:15)
 伝え方が9割  佐々木 圭一 著 (2015-05-19 17:37)
 嫌われる勇気  岸見 一郎 著 (2015-04-10 09:36)
 「慟哭の海峡」   門田 隆将 著 (2015-03-28 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。