芙蓉の人 新田次郎

2014年09月10日

今日は本のご紹介です。


芙蓉の人 新田次郎

「芙蓉の人」 新田次郎 

山岳小説といえば、この人ですね。


実はこの本、結構前に購入したのですが、少し読み終えた後に
しばらく放置してしまってました・・・。


その間にNHKのドラマで放映されたりもして、すっかり有名になりました。


正直、最初はダラダラ~っと読んでたのですが、

登場人物が危機迫る状況になってからは一気に読むスピードも増して
あっという間に読み終えました。


富士山頂に観測所を作るべく立ち上がった主人公。


そしてその主人公を支える妻。(もしかして主人公は逆?)


ドラマ化されるだけあって読み応えのある一冊でした。


山登り。

決して興味がないわけではないけど、


さすがに冬山だけは無理ですね。


ジュエリーリフォームの事例、そしてアットホームな雰囲気の当店の様子を下の動画よりご覧いただけます。
ジュエリーリフォーム・修理専門店 箕面のちいさな宝石屋 http://jewelry-kizuna.com/
同じカテゴリー(オススメの本)の記事画像
自分のゴルフの見直し方
読んだら忘れない読書術
伝え方が9割  佐々木 圭一 著
嫌われる勇気  岸見 一郎 著
「慟哭の海峡」   門田 隆将 著
ドラッカーの黒字戦略
同じカテゴリー(オススメの本)の記事
 自分のゴルフの見直し方 (2015-08-21 09:34)
 読んだら忘れない読書術 (2015-08-19 09:11)
 本の要約サイト「Flier」 (2015-06-04 16:15)
 伝え方が9割  佐々木 圭一 著 (2015-05-19 17:37)
 嫌われる勇気  岸見 一郎 著 (2015-04-10 09:36)
 「慟哭の海峡」   門田 隆将 著 (2015-03-28 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。